心・感情

クリアな思考を阻むもの

2015/05/15

あまりに心が条件づけと決めつけでいっぱいになっていると自分の自然な感覚を失ってしまうことがあります。

「〇〇でなければいけない」「〇〇をしないと変に思われる」「絶対に解決できない」というような、心を緊張・萎縮させる思考が常に心に渦巻いていると、こうした思考にエネルギーをとられ、コントロールされてしまいます。

この〇〇の部分が状況に適した、妥当なものならいいのですが、あまりにも強迫的で、プレッシャーを感じるものだったら、要注意です。また、自分では本当だと思いこんでいることでも、他人からすると、「そんな必要ないのでは?」と思うような無駄な心配であることもしばしばです。

少し自分の条件づけを観察してみましょう。疑問を感じるものがあれば、「本当にそうなのかな?」と考えてみましょう。自分で自分を縛り付けていませんか?

このような固定観念を少しずつほぐし、開放していくのも、セラピーの目的の一つです。なぜなら、多くの心の症状のウラには、それを促進するような考えが存在しているからです。

気づいたものから、できるだけ手放していきましょう。

手放せば手放すほど、思考が柔軟になり、行動もフレキシブルになっていきます。
壁に突き当たったと思っていたのが、新たな方向が見えたりします。
私たちに備わっている、本来の直感/クリアな思考が働きやすくなります。
そうすると、ものごとに対処する時に、迷いが少なくなってきます。

CATEGORIES & TAGS

心・感情,

mhatori

Author:

プロフィール
羽鳥美香
羽鳥美香
カウンセリング心理学修士号、アメリカ、カリフォルニア州のサイコセラピスト(心理療法士)免許(MFT)を持つ。オンライン(スカイプ・メール)/電話をメインとしたセラピー、コンサルテーションを行っている。
詳しいプロフィール
お問い合わせ
オンラインセラピーUnblockEnergy.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。このメールアドレスはブログ管理人には知られることはありません。