心・感情

感情を恐れずに見つめる 3

2014/05/16

感情の法則3
ネガティブな感情は批判的にならずに、あたたかく見つめてあげるとおさまっていく

この「批判的にならない」ということが、とても大事です。

批判的になるということは、感情と戦うことです。
戦わなければ、徐々に静かになっていくのに、わざと挑発するようなものです。

例えばある子供が、「すごく悲しい」と親に訴えていたとします。
しかし親Aは「悲しいわけがない」と否定します。
そして、「こんなことで悲しんではいけない」と言い聞かせます。

子供はそれを聞いてほっとするでしょうか?
「自分は本当は悲しくなかったんだ」と納得し、悲しみが突然なくなるでしょうか?

反対にわかってくれるまで、いろいろな方法で悲しみをぶつけるでしょう。
または悲しみが親への怒りに変わったり、感情を抑圧するパターンができてしまうかもしれません。

もし親Bが「そうだね、悲しいね」と言ってくれたらどうでしょうか?
その時子供は悲しみを感じるかもしれないけれど、少しずつ元気になり、自然と遊びたくなったり、他の事に熱中したりするでしょう。

感情は常に変化しているのです。

感情という自然な流れをわざと止めようとしたり、否定したりすると、どんどん複雑になっていきます。

自分の感情を見つめる時、この「親B」になったように見つめてください。
その時、プレッシャーによってせき止められた流れは、再び自然な流れのパターンを見出し、安らかな感情に落ち着いてきます。

しかし、感情を手放そうとあせると、感情否定の方向に戻ってしまうこともあります。そのような時は、まず十分に感情を受け入れることが必要となります。

また、トラウマやショックなどであまりに感情が強すぎたり、長期間続いたりしていると、深く心身に刻まれ、なかなかうまく感情を開放できない時もあります。その場合はトラウマ解消のワークをしていくことが必要となります。

CATEGORIES & TAGS

心・感情,

mhatori

Author:

プロフィール
羽鳥美香
羽鳥美香
カウンセリング心理学修士号、アメリカ、カリフォルニア州のサイコセラピスト(心理療法士)免許(MFT)を持つ。オンライン(スカイプ・メール)/電話をメインとしたセラピー、コンサルテーションを行っている。
詳しいプロフィール
お問い合わせ
オンラインセラピーUnblockEnergy.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。このメールアドレスはブログ管理人には知られることはありません。