心・感情

自分を信じる

2014/08/08

気分が落ち込んでいたり、どうしていいかわからない時、自分が信じられなくなる、という時があります。

失敗をした時、自分の判断が間違っていた時、「私の意見って本当に正しいのかな?」と思うかもしれません。他の人が楽しんでいる時に自分が暗い気持ちだったりすると、自分が根本的におかしいのか、と感じるかもしれません。

このように思い始めると、多くのことが疑わしくなり、自分に関するネガティブな思考が次々と連鎖的に起こってきます。そして、自分を信じられない様々な理由が浮かんできます。

確かに判断や意見は間違うことはあります。自分の性格やパターンが好きになれず、もどかしく思えることもあるでしょう。でもそんな時こそ、自分を信じてあげるべきです。

自分を信じるということは、自分の可能性を信じるということです。自分に寄り添うということです。

私たちに起こってくること、物事の結果は、多くの場合予想のつくものではありません。人知の及ばないことといっていいでしょう。そのような、私たちの予想ができない部分で、自分を裁いてしまうことは、あまりためになりません。

というのは、裁けば裁くほど、自分のエネルギー/能力は萎縮し、枯渇していくからです。そうすると、物事はさらにうまくいかなくなり、負のパターンができあがっていきます。判断力もにぶってきますし、心身の治癒力も弱くなっていきます。

誰かが少しでも自分を信じてくれたからこそできた、と思ったことはありませんか?無条件に信じることには力があります。信じると、そこでパワーが生まれます。

でもこれは間違ったことを肯定したり、よくない考えを判断なしに信じるということではありません。自我から出てくる判断は間違うかもしれないし、パターンは改善の余地があるかもしれないけれど、自分という人間自身を信じるということです。

自分を信じ、あたたかく見つめてあげてこそ、ベストな自分が見えてきます。

CATEGORIES & TAGS

心・感情,

mhatori

Author:

プロフィール
羽鳥美香
羽鳥美香
カウンセリング心理学修士号、アメリカ、カリフォルニア州のサイコセラピスト(心理療法士)免許(MFT)を持つ。オンライン(スカイプ・メール)/電話をメインとしたセラピー、コンサルテーションを行っている。
詳しいプロフィール
お問い合わせ
オンラインセラピーUnblockEnergy.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。このメールアドレスはブログ管理人には知られることはありません。