心・感情

自分を責めない思考方法

2014/06/13

自分を責めて自己嫌悪に陥ることは、よくあることです。
このような思考パターンには利益があるでしょうか?
実際にはあまり役に立ちません。
というのは自己嫌悪になればなるほど、ネガティブ思考に陥り、心は苦しくなるし、よい行動も生まれません。

誰でも失敗はあるし、改善点はあるものです。でも自分を責める必要はありません。

まず、「自分」と過去の失敗や行為を少し客観的に見つめてみましょう。
自分=行為と考えると、行為がだめなら自分もだめになります。
あまりに自分と行為を同一視してしまうと、次々とネガティブな自己イメージが出来上がってしまいます。
そして、「一生このままだろう」という漠然とした未来予測も始まってしまいます。

実際には、行為や考え方は変えられるものです。

「自分」と「行為」をちょっと切り離して考えてみましょう。「自分はなんでこんなことができないのだろう」とか、「なぜ私は失敗をしてしまったのだろう」と考えることにあまり意味はありません。
なぜなら過去は終わってしまっているし、自分があることをできない理由もわかることはありません。

「うまくいっていないパターンがあるけど、どうしたら改善できるかな?」と考えてみます。
責めるのではなく、想像力を使って、クリエイティブに考えてみましょう。
「自分はだめだ」という思考にエネルギーがとられると、「改善できる」とか、「変えられる」ということに考えがまわりません。
考えが「変えられる」という方向にいかなければ、行動に変化もありません。
その結果、「何も変わらない=自分はだめだ」という思考に再びたどり着いてしまいます。

自分を責めるより、どうやって変えられるかということに注意を向けてみましょう。
そして自分の考えをいくつか紙に書いてみましょう。
「できない自分」にフォーカスするのではなく、「やれること」にフォーカスするのです。

どうしてもこのように思考パターンを変えられない時は、トラウマなどの大変つらいことが過去にあった可能性があります。その場合、過去の出来事がネガティブに心に深く影響し、どうしても考えが楽天的な方向にいかなくなっています。

セラピー/心理療法ではこのトラウマやを心のしこりを解消するので、その結果考え方が柔軟になり、自然と自分をさいなむことが少なくなってきます。

CATEGORIES & TAGS

心・感情,

mhatori

Author:

プロフィール
羽鳥美香
羽鳥美香
カウンセリング心理学修士号、アメリカ、カリフォルニア州のサイコセラピスト(心理療法士)免許(MFT)を持つ。オンライン(スカイプ・メール)/電話をメインとしたセラピー、コンサルテーションを行っている。
詳しいプロフィール
お問い合わせ
オンラインセラピーUnblockEnergy.com

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。このメールアドレスはブログ管理人には知られることはありません。